ココロとカラダを繋ぐタロット・ガイダンス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロとカラダを繋ぐタロット・ガイダンス

大阪市のヒーリングサロンたなごころ池田礼揮がココロとカラダとスピリチュアルな情報を交えて健康になるためのヒントを解説します。ここでいう健康とは健全なカラダと健全なココロが一致している状態となります。

患者さんを自分一人で治すのではない。

お客様の声

ボディセラピストのための
ヒーリングテクニック講座

K.Kさんの感想です。



とても分かりやすく、楽しかったです。
私達はエネルギーの集合体であるに始まり、
エネルギーの使い方、軸を定める事など、
気・意識についてたくさんのことを
詳細に教えていただきました☆

その中でも私にとっての一番は、
患者さんを自分一人で治すのではなく
元気になって貰える過程の一部分を
担えた事を喜ぶ♪という事です。
どうしても『私が!私が!!』と
思ってしまう状態だったので、
それを聞いた瞬間にとても気分が
軽くなりました^^

これから色々な経験を積んで、
人の役に立てるように努力します
ありがとうございました。



治療家やボディセラピストに多い
考え方のひとつなんですが
今、自分がやっている施術が
その結果を引き起こしている
という考え方をされる人が多いです。

まず、医師であれば
外科手術であったり
投薬であったり
強制的に症状を排除、抑制させる
ということも手段のひとつとして
もっているので、
その場合はその治療で
治った(?)と考えても
良いのかも知れませんが。

手技療法家は
あくまで自然治癒力を引き出す
お手伝いをしているに過ぎません。

施術は、患者さんの治る力
治りたいと望む意志
治そうとする努力と
相まって施術効果が上がります。

セラピストがひとりで行うのではなく
患者さん、お客さんと一緒になって
音楽を奏でるように
セッションをするのです。

その時点で、すでに一人で治すのでは
ないわけですが、更に言えば
慢性的な症状の場合
これまでにも様々な施術を
受けて来られた可能性があります。
その時に受けた施術や
掛けられた言葉たち
それによって動いた心など
その全てが患者さんの
治癒力を動かしています。

たまたま自分のところへ
やってきたときに
たまたま治るタイミングであった
ただ、それだけかも知れません。

自分の施術に自信を持つこと
自分自信を信頼することは
とても大切ですが、
ともすれば傲慢になってしまいます。

そうではなく
患者さんの症状が治っていく過程の
一端を担えた喜びや
その一端を担うことが出来た
自分自身への信頼を
味わうことが大切だと

僕はそう思っています。


次回、基礎クラス開催は、
3月20日(日)
10時~13時頃
自宅サロンで開催します。

最寄駅は、地下鉄今里筋線瑞光四丁目

※応用クラスも同日開催します!
3月20日(日)
14時~17時頃


サクッと講座内容紹介♪
【基礎クラス】
・エネルギー伝授(アチューンメント)
・自分軸を定める。
・霊的なエネルギーから自分を守る。
・自然界のエネルギーを自分に取り入れる。
・セルフヒーリング。
・他者へのヒーリング。

【応用クラス】
・エネルギー伝授(アチューンメント)
・チャクラリーディング。
・邪気抜き。
・エネルギー封入。
・召喚。

詳細は、こちらをご覧ください。


《お問い合わせ》 お問い合わせフォーム
《電話番号
》 090-3949-8327
(施術中は留守電になります。お名前を残してくださいましたら折り返しご連絡させて頂きます。)