ココロとカラダを繋ぐタロット・ガイダンス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロとカラダを繋ぐタロット・ガイダンス

大阪市のヒーリングサロンたなごころ池田礼揮がココロとカラダとスピリチュアルな情報を交えて健康になるためのヒントを解説します。ここでいう健康とは健全なカラダと健全なココロが一致している状態となります。

筋肉の緩め方

はじめまして

肩こりや腰痛など
筋肉が硬くなって辛い症状に
マッサージやストレッチなどで
改善しようとする人が
多いと思います。

それらの方法を否定するつもりは
ありませんが、
筋肉の性質を考えると
押したり揉んだり伸ばしたりすると
余計に硬く縮こまってしまう
可能性があります。



筋肉は
ゴムのようなものだと考えてもらうと
わかりやすいかも知れません。

新しく弾力のあるゴムであれば
ある程度の範囲内で
適度に伸ばしたりすることは
ゴムの柔軟性を保つために
有効な手段となります。


しかし、使い古されたり
放置されて硬くなっているゴムを
引っ張ると簡単に
ちぎれてしまいますよね。

新しくても古くても
ゴムであれば
伸ばすと元に戻ろうとする力が
働きます。



筋肉もゴムのように

伸ばすと元に戻ろうとする力が
働きます。


なぜか?

筋肉の気持ちになって言うと
ちぎられたくないからです。

無理に伸ばされると
もしかしたら、ちぎれてしまうかも
という恐怖があります。

それが疲れて
硬くなった筋肉であれば
尚更のことです。


無理なストレッチや
強いマッサージは
筋肉にとってはストレスになります。

筋肉にストレスを与えるのではなく
安心感を与えて緩める方法があります。

そのひとつが
筋肉を縮めることです。
別の言い方をすると
筋肉を弛(たる)ませてやることです。

筋肉の両端を近づけてやると
筋肉は弛みます。


すると、
ちぎれたくない!
という緊張感で強張っていた
筋肉が
あれ!?
なんか大丈夫そう♪

という感じで
緊張が解けていくのです。


マッサージもストレッチも
悪いわけではありません。
使いどころを間違えると
逆に体を壊してしまうということです。

ご年配の方。
病気などで回復力が落ちている方。
もともと体の弱い方。
なんかは特に気をつける
必要がありますね。

やみくもに
マッサージやストレッチを
すればいいわけではありませんよ。


《お問い合わせ》 お問い合わせフォーム
《電話番号
》 090-3949-8327
(施術中は留守電になります。お名前を残してくださいましたら折り返しご連絡させて頂きます。)