ココロとカラダを繋ぐタロット・ガイダンス

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココロとカラダを繋ぐタロット・ガイダンス

大阪市のヒーリングサロンたなごころ池田礼揮がココロとカラダとスピリチュアルな情報を交えて健康になるためのヒントを解説します。ここでいう健康とは健全なカラダと健全なココロが一致している状態となります。

ひとを育てる。

こころのしくみ

人を育てるとき
何度おなじことを言っても
全然伝わらないことがある。

伝わらないことにイライラして
「今はまだそのタイミングじゃない。
いずれわかるときが来る。」


なんてことを言って
終わらせてしまった経験は
ありませんか?

実際、いつかわかるときが
来るのかも知れませんが
言われた本人からしたら
「それっていつやねん!」
って感じかも知れません。

人を育てるリーダーは
出来れば、相手にわかるように
伝えてあげられると
もっと良い関係が
築けるのではないでしょうか?


まず、初めにお断りしておきますが
成長には段階(ステージ)があり
成長を促す栄養分は
「愛(承認)」だということ。

そして、それぞれの段階で
愛が満たされたときに
段階があがるという
前提でのお話です。


異論・反論ある方も
いるかも知れませんが
僕が信じているのは
そういうものだと
ご理解ください。


成長の段階には
大きく分けて
三段階あります。


第一段階は、
「他人から愛をもらう」
そんな段階です。

他人に自分のことを
認めてもらい
愛してもらうことで
自分という「器」が
出来上がります。


第二段階は、
「自分を愛する」
そんな段階です。

自分という「器」が
出来てその中を
満たしていくのは
自分自身へ対する
「愛」です。
自分で自分のことを
愛してあげることは
とても大事なことです。


第三段階は
「他人を(相手が望む方法で)
愛(承認)する」

そんな段階です。

他人からも
自分自身でも
満たすことが出来ると
自然とその満たされたものが
周囲へと溢れ出ていきます。

そのときに
押し付けるのではなく
相手が望む方法で
愛(承認)を渡して
あげられるようになると
自分も含めて
周囲にハッピーな
循環が起こり出します。


もし、相手のことを思って
アドバイスをしてあげてるのに
全然わかってくれない。
『自分の言う通りにすれば
絶対に上手くいくのに
なんでやらないんだ!』と
イライラしているのだとしたら
相手(もしくは自分よりも上の人)
に認めて欲しいから

アドバイスをしていたり、
相手を成功へと導いた
自分をほめたいから

アドバイスをしているのかも
知れません。

だとしたら、
イライラの原因は
相手ではなく
自分の内側にある
可能性が高いです。

自分がどの段階にいて
どうすればいいのかを
教えてくれるために
その相手がいます。

一旦、相手へ
イライラの矛先を向けるのを
やめて、そのエネルギーを
自分の内面を見るために
使ってみることを
オススメします。

そして、改めて
相手の段階を見極めて
相手のいる段階に
自分が降りていくつもりで
アドバイスをしてみると
あなたの伝えたかったことが
相手に伝わるかも知れませんね。

私のやっている
『エネルギー整体』は
タロットやカウンセリングで
自分の内側を見る
お手伝いをします。
エネルギーの調整をして
今後の人生が
よりスムーズに
あなたの魂が望む状態へと
進んでいくように整える
「人生を整える整体」です♪



○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
●○●○●○●○●○


【現在、申し込み受付中】

☆手あての会(11/9)
☆手作りコスメ☆フェスタ(11/15)妻が出展します。
☆輝・きらり会大感謝祭(11/23)
☆【託児付き】手作りコスメ体験レッスン(11/24)妻が講師をします。

【チームの絆を深めるワークショップ】
※随時受付中です。
※3人以上のグループでお申し込みください。

☆ENMA de 人生ゲーム
☆手あてワークショップ


○●○●○
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

【お問合せ&サロン情報】
■ホームページ 
■ご予約・お問合せ
■電話 090-3949-8327

(施術中は留守電になります。お名前を残してくださいましたら折り返しご連絡させて頂きます。)

鍼灸ヒーリング整体院 たなごころ
大阪市東淀川区大桐5..(詳しい住所はご予約時にお知らせします)

地下鉄今里筋線 瑞光四丁目駅 徒歩15分
阪急京都線 上新庄駅→バス→徒歩10分

◆営業時間 10:00~17:00(
不定休)

月・火・水は、大阪市東成区の山中健康整体治療院での施術も可能です。
こちらは、19時が最終受付となります。その他、出張施術も対応させて頂きます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○